こんにちは。トワイトです。

 

こちらの記事で、ネットビジネスにおけるDRM

集客、教育、セールスであることを説明しました。

 

今回からネットビジネスの中でも

アフィリエイトにおけるDRMについて解説していきます。

 

第一回である今回はアフィリエイトにおける集客についてです。

 

言うまでもなくアフィリエイトにおいては集客はとても重要です。

お客さんが来てくれなければ、そもそもあなたの記事を誰も読んではくれません。

 

今回は多くのお客さんに来てもらうためにはどうすればよいのか、ということについて

解説していきたいと思います。

検索エンジンで上位表示することを目指す

あなたのアフィリエイトブログにお客さんを呼び込む方法はいくつかありますが

その一つとして「検索エンジンから呼び込む」というものがあります。

 

そして検索エンジンから呼び込むためには、

検索エンジンでの検索結果で、あなたのサイトが上位表示されている必要があります。

 

そのために必要なことは、

あなたのサイトが「ユーザーに提供する価値のある情報を提供している」

検索エンジンに認めされることです。

検索エンジンが認める価値あるサイトとは

検索エンジンも色々工夫をして、

ユーザーの意図に沿った検索結果を表示できるように工夫をしています。

 

どういうサイトであれば「価値があるサイト」として認めてくれるのかを

見ていきます。

①滞在時間が長い

ユーザーがアクセスしてくれたとき、

ちょろっと記事を読んですぐに閉じられるようなサイトと

10分くらいは読んでもらえるサイトとでは、

当然価値が変わってきます。

 

検索エンジンもこのことを取り入れており、

滞在時間が長いか短いかということを、

価値あるサイトの基準として見ています。

②外部サイトからのリンクが多い

外部サイトからのリンクがあるということは

その外部サイトはあなたのサイトに価値があると考えているということになります。

 

従って検索エンジンは、外部からのリンクが多いか少ないか、ということも

価値あるサイトの基準として見ています。

 

まれに「駄目なサイトの見本です」というような悪意ある記事からのリンクもありますが

でもこれでも自分のサイトの価値は高めてくれていますので

良しと考えるのが良いと思います。

 

ただ、あなたのサイトにリンクを貼ってくれる外部サイト自体が

作りたてホヤホヤとか、全然人も来ないような

価値がないサイトであれば

こういった外部からのリンクはかえってマイナスの評価に繋がります。

 

自分で外部サイトを無数に作ってリンクを貼る、という行為は

やめておくのが無難です。

検索エンジンで上位表示をするためには

以上の検索エンジンの価値基準を考えて、

どうすれば上位表示されるのかを考えてみます。

 

検索エンジンが反則だとみなすような方法以外では

外部からのリンクを貼るということについては

自分ではどうしようもありません。

 

結果として基本的には

「滞在時間を伸ばす方法」を考えていくことになります。

①記事数を増やす

これは基本であり、必須です。

記事数が少なければ、ユーザーの滞在時間は短くなります。

 

また記事数が少なければ、あなたのサイトへの入り口の数も少なくなってしまいます。

 

記事数が少ないとユーザーの滞在時間が短くなるということについては

さほど説明はいらないと思います。

 

一つしか記事がないサイトと、三つ記事があるサイトとでは

単純計算をすれば三つ記事があるサイトの方が三倍長く滞在してもらえます。

 

つぎに入り口の数についてですが

記事は、一つ一つが検索エンジンにインデックスされます。

 

つまりそれぞれの記事からユーザーが訪問してくれる可能性があるのです。

 

となると記事が10しかないサイトと、記事が100あるサイトとでは

100あるサイトのほうが十倍もの入り口を持っているということがわかります。

 

以上のことから記事を増やすことは、アフィリエイトの基本と言えます。

②内容を充実させる

記事の数を増やしたところで、

内容がつまらなければやはりユーザーはすぐにページを閉じてしまいます。

 

また、あまりに文字数が少なくても、すぐに記事を読み終わってしまうので

滞在時間は少なくなってしまいます。

 

従って、内容が充実した記事を書いていくことが必要となります。

 

内容としては、あなたが選んだテーマに沿って

あなたが知っていること、あなたが勉強していること、

そしてそれらに関する考察などを述べていくと良いかと思います。

 

とくに考察の部分が重要で、ここがあなたのオリジナリティを発揮するところです。

こちらの記事も参考にしてみてください。

参考記事:アフィリエイトブログ記事には「自分の意見」を書くこと

③内部リンクを増やす

内部リンクとは、文字通りあなたのサイト内で

記事と記事の間に貼り付けるリンクを言います。

 

これは訪問してくれたユーザーに、更にあなたの情報を発信するという目的もありますが

それと同時に滞在時間を増やすという目的もあります。

 

ユーザーが一つ記事を読んだ後

「他にも面白い記事はないかな」と探すという段階に至るまでには

「探す」という手間が一つかかるという点でハードルが存在します。

 

そこであなたが内部リンクを貼って「こちらもお勧めですよ」と記しておけば

ユーザーの手間が一つ省かれることになるため

あなたがお勧めした記事を読んでもらいやすくなります。

 

結果、そのユーザーのあなたのサイトでの滞在時間が延びるということになります。

④目立つタイトルを付ける

検索エンジンで少しずつあなたの記事が上位に上がってきた時

目立つタイトルを付けてユーザーの目を引きつけることを考えましょう。

 

仮に同じような内容の記事であった場合、

やはりユーザーを取り込むのは目立ったタイトルを掲げている記事です。

あなた自身がユーザーの視点に立ってみればわかると思います。

たとえば以下のようなタイトルを見かけたら

あなたはどっちを選びますか?

 

検索結果1位に表示されているタイトルが

「欧州でドーピング対策。欧州陸連が革新的提案」

2位に表示されているタイトルが

「ヨーロッパさん、ドーピング対策でとんでもないことを提案する」

 

やっぱり2位のほうに目が向いてしまいませんか?

 

つまり検索結果が2位であっても、

タイトルが面白ければ1位を凌ぐアクセス数を稼ぐ見込みが出てくるんです。

 

それくらいタイトルは重要だということを覚えておいてください。

最後に

検索エンジンでの集客方法は、上位表示をさせることが目的で

まとめてしまうと

「価値ある情報を記した記事を多数書いて、面白いタイトルをつけ、

内部リンクを張り巡らせること」

ということになります。

 

価値ある情報を提供できていれば、あなたのサイトにはファンが生まれ、

リピーターも増えていきます。

 

そしてDRMの次の段階である「アドバイスをする」に入っていくことができます。

集客は最初の関門ですが、諦めずにコツコツと継続していってください。

 

参考記事:アフィリエイトブログ記事には「自分の意見」を書くこと

参考記事:これを知ってたら稼ぎの桁が一つあがる。ダイレクト・レスポンス・マーケティング(DRM)

参考記事:アフィリエイトDRM② 教育によって心をつかむ

参考記事:アフィリエイトのDRM③ セールスに必要な技術、コピーライティング

 

[cc id=549]