こんにちは。トワイトです。

 

セルフリフォーム・ベースではネットビジネスの中でも

特にDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)を推奨しています。

 

DRMとは、販売者と購入者の信頼関係を構築していく仕組みのことです

 

つまり、購入者があなたのことを「信頼できる」と思ってくれれば

「この人が勧めてくれるものだから間違いないだろう」

商品を購入してくれやすくなる、

そんな仕組みを形成していきます。

 

そして、なぜDRMを勧めるのかというと、

これがマーケティングの一番の王道であると考えられているからです。

 

実際に、ネット以外のビジネスでも、販売者は購入者の信頼を得るために

様々な努力を行っています。

 

たとえば、私はネット通販で、よく買い物をするのですが

あなたも、同じように買い物をしたことがあると思います。

 

そのとき、登録したメールアドレスに、

購入したショップからのメールが届いたりしませんか?

 

そのメールには、様々な情報が書かれていると思います。

 

たとえば、花粉の薬を買ったりすると、花粉を予防するための方法が書かれていたり

アロマ関係だと、アロマの効果を一層引き立てる豆知識が書かれていたり。

 

そのように、そのショップはあなたに

「この店は自分に取って有益だ。信頼できる」

と思ってもらうための努力をしているんですね。

 

今度はアフィリエイトを例に取ってみますと、

あなたが信頼してもらえるアフィリエイターになった場合、

更に以下のような効果も期待できます。

 

アフィリエイトでは、ブログなどのサイトでアクセスを集めますね。

 

そうしたブログにアクセスをしてきてくれた人が、

ブログに設置したアフィリエイトバナーをクリックしてくれて

商品を購入することによって報酬を得ることができます。

 

ですから、基本としては、お客さんを集めるブログを作成し、

アフィリエイトバナーを取り付けておけば、収入は発生します。

 

しかしDRMでは、ここに更に

「メルマガなどで、お客さんに有益な情報を提供していく」

という手順を踏むのです。

 

そうすることで、あなたは

「ブログを作ってお客さんを待ち受けるだけでなく、

こちらから積極的にセールスをすることができる」ようになります。

 

つまり、「売るべくして売る」ということができるようになるのです。

 

ここでは、そういったDRMについて解説していこうと思います。

 

DRMの流れ

DRMの流れとしては

①アクセスを集める。

②教育をする(情報を提供し、信頼関係を築く)。

③セールスする。

ということになります。

 

順番に見ていきましょう

①アクセスを集める

DRMを採用しないアフィリエイトですと、

ブログを開設する目的はアクセスを集めるためということに加えて、

ブログに設置したアフィリエイトバナーをクリックしてもらうという目的があります。

 

しかしDRMの場合は、

ブログを作成するのはあくまでアクセスを集めるためのみです

 

もちろん、バナーを設置しておくのは構いません。

 

しかし、そのバナーからの販売は

メインの目的ではないのです。

 

あくまでアクセスを集めることが、第一の目的となります。

 

②教育する(信頼関係を築く)

ブログを集客のツールにしたのに対して、

教育に使うツールはメルマガになります

 

メルマガを発行することで、

あなたから積極的にお客さんにアプローチしていくことを目的とします。

 

なぜそんなことができるのか。

 

お客さんがあなたのメルマガを読んでくれるということは、

その人の意思でメルマガに登録をしてくれるわけです。

 

つまり、お客さんはあなたのブログを読んで、あなたに共感してくれています。

 

ですからブログよりも更に踏み込んだ話を、こちらから持っていって、

さらに耳を傾けてもらうことが可能になるのです。

 

あなたは、そうしてできた読者さん達にとって有益な情報や知識を提供していきます。

 

こうした情報や知識の提供のことを

ここでは「教育」と呼んでいるのです。

 

そうして教育していくことで、

お客さんから、更なる共感、信頼を得ていきます。

 

③セールスする

そうして、さらにあなたに共感してくれる人たちに、

今度は商品を売り込んでいきます

 

この段階まで来ると、あなたが紹介している商品は

高確率で売れることになるのです。

 

それはなぜか。

 

上でも書きましたが、

あなたのメルマガを読んでくれているのは

あなたに興味を持ってくれて、かつ共感してくれている人たちです。

 

そうした人たちは、あなたが勧める商品であれば

購入することを、とことん前向きに考えてくれているんですね。

 

ですから、あなたがセールスした商品は高確率で売れていく、

ということにつながっていきます。

 

DRMの更なるメリット

 

この手法の大きなメリットは他にもあります。

 

それは、あなたに興味を持ってくれている人のリストを手に入れることができることです。

 

あなたに興味を持ってくれている人は

メルマガを受け取ってくれるために、メールアドレスを登録してくれますよね。

 

そうすると、そうして集めたメールアドレスのリストは

あなたのことを信頼してくれている大事な顧客のリストなのです。

 

あなたが紹介したくなるような、更によい商品などを紹介したいときに

真っ先に耳を傾けてくれる人たちなんです。

 

このリストの有用性は、レストランなどでも

メールアドレスを登録してくれた人にクーポン券を提供したり、など

メールアドレスを集めるために一生懸命工夫していることからもわかるかと思います。

 

昔は商人が火事が起こったときに家から持ち出すものは

顧客リストだったといわれるほど大事なものです。

 

ぜひあなたもDRMを覚えて、

セルフリフォーム・ベースが掲げている

「確実な収入を得る」という段階まで来てほしいと思います。

 

なお、このDRMについて、本気で基礎から応用まで学びたいという方は

こちらのCopyrighting Affiliate Programを教材にすると良いかと思います。

 

これはコピーライティングという、

お客さんが商品を買いたくなるような文章を書く技術を

アフィリエイトに応用させたものです。

 

文字を読ませる、ということがメインであるアフィリエイトでは

その文字を最強の武器にできる技術であるコピーライティングは

この上なく有効だと言えます。

 

これを更に、アフィリエイト用に特化させた教材ですので

あまり平易な表現はしたくないのですが

「鬼に金棒」という言葉が非常に適していると思うのです。

 

またこの教材では、集客の方法やリストの集め方といった

DRMには必須の知識も、基礎から、とことん納得がいくように教えてくれます。

 

納得がいかなければ、無料で、

メールでもスカイプでもサポートを何度も受けることができます。

 

少し惜しいのは、下克上∞で教えているような

「ブログサイトの開設の仕方」といった

本当の基礎的な部分についての記述がないことです。

 

しかしその点につきましては

私がきっちりとサポートしますのでご安心ください。

 

詳しいレビューはこちらに書かせて頂きましたので

参考になれば幸いです。

Copyrighting Affiliate Programの特典付きレビューはこちら

最後に

いろんなアフィリエイトがありますけど

DRMほど確実性の高いアフィリエイトは無いんじゃないかと思います。

 

Google AdSenseを取得して、とにかくアクセスを集めて稼ぐ、

というような手法もありますけど

これだと本当に「待つだけ」なんですね。

 

DRMは、こちらからもアプローチができることを特徴としていますが

この効果が本当に大きいのです。

 

この方法ですと「一つの商品を一回売って終わり」ではありません。

 

他にもあなたが自信をもって勧められるものがあれば

あなたの方から紹介していくことができるんです。

 

それも一通のメールで、多数の人に。

 

実際、メール一通を送れば2000万円を稼げる、

というような人もいるんです。

 

もちろんスパムメールみたいな鬱陶しいセールスを行えば

その瞬間、お客さんの信用を失ってしまいますよ。

 

私もいろいろ商品を購入し、

販売者や紹介者であるアフィリエイターのメールマガジンを購読していますが

そうした人たちから勧められる商品は本当に一考に値するものばかりですし

そのまま購入に踏み切ることもあります。

 

そして、それで後悔したことはほとんどありません。

 

さて、

DRMの意味、手法、その効果について

よくわかって頂けたかと思います。

 

アフィリエイトに限らず、どの分野のビジネスでも有効な手法であるということも

わかっていただけたのではないでしょうか。

 

是非この手法の採用を検討していただければと思います。

 

参考記事:

アフィリエイトのDRM① 集客をしないことには始まらない

アフィリエイトのDRM② 教育によって心をつかむ

アフィリエイトのDRM③ セールスに必要な技術、コピーライティング

アフィリエイト記事のネタの探し方


アフィリエイトランキング

⬆この記事を気に入って頂けたら、クリックをお願いしますm(_ _)m。

とても励みになります。

 

トップ(記事一覧)へ戻る