こんにちは。トワイトです。

 

今回はこの記事の補足説明です。

※参考記事:アフィリエイトサイト記事をスラスラ書けないなんてありえない

 

本を読むということが、

アフィリエイトブログ記事を速く書けるようになるための

近道だということは記事に書いたとおりです。

 

では、あなたは読んだ本と同じようなレベルで

記事を作成していかなければならないのでしょうか。

高い文章力は必要なのか

これは完全に答えは「否」です。

プロの小説家と同じレベルで文章を書くことなんて

最初からできるわけがありません。

 

(ただし、「プロ」だということについては

あなたもアフィリエイターというプロなので、

そこは意識しておかなければなりませんよ。)

 

更にいうと、小説によっては

その書き方がブログには適していないこともよくあります。

というより適していないほうが多いです。

 

私が読書を勧めたのは

あくまで「文章に慣れ親しむ」ことが目的であって

小説レベルの文章力をマスターするため、ではありません。

どういう文章が望ましいのか

では、どういう文章を目指せばいいのでしょうか。

 

カンタンです。

わかりやすい文章を目指せばいいんです。

 

うまい文章を書くのではなく

うまくなくてもいいから、わかりやすい文章を書くんです。

 

学生の頃に教科書を読んでいても訳が分からず

先生に質問しにいって「ああ!なるほど!!」と理解したあと、

こういう風に思いませんでした?

 

「最初からそう書いとけ」。

 

教科書って、教科書の文体があるから

くだけた物の言い方ってできないんですよね。

わかりやすい文章の例

例えば「微分」って言葉。

そう。数学で出て来るあの微分です。

 

「微分積分」というと、

難しい用語の代名詞みたいに言われることがありますよね。

 

これをわかりやすい文章で説明していってみます。

 

ウェキペディアでは微分の説明はこういうふうに書かれています。

「数学における実変数函数(英語版)の微分(びぶん)、微分係数、微分商または導函数(どうかんすう、英: derivative)は、別の量(独立変数)に依存して決まるある量(函数の値あるいは従属変数)の変化の感度を測るものである。微分は微分積分学の基本的な道具である。例えば、動く物体の位置の時間に関する導函数はその物体の速度であり、これは時間が進んだときその物体の位置がどれほど早く変わるかを測る。」

 

ああ、読まなくていいですからね。

なんか訳わからんこと書いてるな、ということだけわかってくれればいいです。

 

こんな風に書かれたブログなんて、よっぽど微分というものについて

厳密に知りたい人くらいしか読みませんよ。

 

でも、こんな微分でも、カンタンにイメージしやすく言い換えることはできるんです。

 

以下、微分についての説明になりますけど

微分がなんなのかを知るためではなく

どういう風に書いているのかを学んで頂ければと思います。

 

例えば車が時速60キロで走っているとしますよね。

 

でも・・・現実的に考えて、時速60キロを維持し続けることって

不可能だと思いません??

 

信号機もあるし、踏切もあります。

前の車が遅い時もありますし。

 

仮にそういったものが何もない、田舎の道路だったとしても

時速60キロを維持することって無理ですよね。

 

絶対に時速59キロになったり時速61キロになったり

常に速さは変化し続けているはずなんです。

 

ですから実際に今その車はどれくらいの速さで走っている?

正確に教えろ、と言われたら

「えーと、いま時速62キロですね、っと59キロになりました。

ああ、55キロまで落ちました。なんか踏んづけたかな?」

と、めちゃくちゃ忙しいものになってしまいます。

 

では正確な速さを測るためにはどうすればいいと思いますか?

 

正確に測れない原因は、車の速さが常に変化しつづけるためですよね。

だったら車の速さが変化する暇もないくらい短い時間の中で測定すればいいんです。

 

ここで、時速60キロっていうのは「1時間に60キロ走る速さ」ですよね。

この「1時間に」をめっちゃくちゃ短い時間にするんです。

 

カンタンな想像をしてみてください。

 

1時間という長い時間だと、

上で言ったように、その時間の中で車の速さは色々変化します。

変化するだけの時間的余裕があるとも言えます。

 

でもこれ、1秒間という時間の中だとどうでしょう?

1秒の間だとそこまで速さが変化する暇がなくなりますよね。

 

つまり速さの変化の幅が小さくなるんです。

 

じゃあこれが0.1秒なら?0.00001秒なら?

車の速さの変化の幅はどんどんどんどん小さくなっていきます。

 

「000000001秒の間に車が何センチ、何ミリ進んだか」

とかまで来たら、その時間における車の速さはほとんど変化なんてしなくなります。

 

つまり、測定する時間が小さくなればなるほど

車の速さの変化は少なくなるため正確に導きだせるんですね。

 

じゃあどこまで時間を短くすれば

完璧に正確な速度を導き出せるのでしょうか??

 

これは時間を無限に短くするところまで行ってしまいます。

0に限りなく近いけど0ではない、というイメージです。

 

「無限に短い時間ってなんだよ」と思うかもしれませんが

まあそこがややこしければ

「0.0000000000000000000000・・・・・0001秒」

みたいにものすごく小さい数字、というふうに置き換えてもかまいません。

 

車が一瞬のうちに進んだ距離を調べて、その瞬間の速さを計算する。

これが微分です。

 

具体的な計算式とかまでは省きますけど

大体のイメージとしてはこんな感じです。

 

まあカンタンにまとめますと

『1時間に60キロ進む、だと車の速さは変化しまくる。

 

でもめちゃくちゃ短い時間に、めちゃくちゃ短い距離を進む、だと

車の速さが変化する暇もない。

 

だから正確な速度がわかる』

ということです。

 

どうです?

あなたが想像していたほど、ややこしいものではなかったかと思います。

最後に

やたら長い説明になってしまいましたが、

というかここまで長くなるとは自分でも思いませんでしたが

何を言いたかったのかというと、

『長くなってもいいから、わかりやすい説明を優先しよう』

ということです。

 

ウェキペディアのように短く、コンパクトにまとめるような

高い文章力を使って書くのもいいですけど

読者にわかってもらえなくては意味がありませんし

読者も離れていきます。

 

長くなっても、へんな表現があってもいいので

とにかく優先すべきなのは「わかりやすい文章」です。

 

今回はその例として微分について噛み砕いた説明をしましたが、

もしそれでも「わからねーよ」と思ったのなら、

どこがわからなかったのかを書いて、遠慮なくトワイトまでご連絡ください。

 

わからないのは、あなたのせいではなく

私の説明が下手くそだからです。

ちゃんと受け止めて、お答えします。

※参考記事

 

 


トワイトの無料メルマガ講座

トワイトの無料メルマガ講座では

ブログの内容をさらに掘り下げた話を公開していきます。

 

・ネットビジネスを始めたばかりの初心者でも”確実に”稼げるようになるための道筋

・ここを知って置かなければ「危険」だという話

・一旦収入が出始めれば、雪だるま式に稼げるようになる方法

・今の束縛された人生と別れを告げ、自由を手にして人生を変えていく方法

 

その他、ちょっとブログではおおっぴらすぎて語れないような話も

メルマガでなら・・と

ブログ以上に好き勝手に語っています。

*メールアドレス
*お名前(姓・名)

トワイトの無料メルマガ講座を申し込んで頂いた方に

トワイトが作成した「実用型インターネットビジネス用語集」を差し上げます。

初心者の方であれば、この用語集があれば

ネットビジネス関係の話でわからなくなることは

ほぼなくなると思っていただいて問題ありません。

わかっていたつもりでも、

意外とわかってなかった単語も盛り込んでいます。

トワイトの無料メルマガへ登録!

*メールアドレス
*お名前(姓・名)

今回の記事はいかがだったでしょうか?

感想や疑問、相談や苦情などがあれば、

お気軽にお問い合わせください。

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

もしもどうしても送信に失敗してしまうようであれば
お手数ですが
info@selfreformbase.xyz
までお願いします。

 

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村
⇑この記事を気に入ってくれればクリックお願いします。