こんにちは。トワイトです。

 

ここは、ネタは決まっているけど

文章をスラスラ書けないという人に向けた記事です。

 

もしあなたがネタの探し方について困っているのであれば

こちらを参照してください。

アフィリエイト記事のネタの探し方

 

ネタは決まっても文章を書くのが苦手なため

作業がなかなか終わらない、とか

コンテンツが充実したものにならない、

といったような声を聞くことが本当によくあります。

 

初心者であれば

一つの記事に必要な最低限の文字数は500文字以上

中級者以上になれば1000文字以上

といったような話を聞くだけでも

ゲンナリしてしまう。

「アフィリエイトの作業を継続すれば、必ず成功する」は嘘

 

あなたもそんな風に感じたことはありませんか?

 

無いというのであれば、それは幸いです。

 

あなたはそれだけで有利な立場に居ます。

 

しかしそうでないとすれば

そこは改善していく必要が有ると思います。

 

なにせ、文章を書くのが仕事だというのに

文章を書くのが苦手、では

誰が聞いても「え?」ってなりますし。

 

「文章を書くのが苦手だけど、小説家やってます」

なんて話を聞くと

あなただってそう思いませんか?

 

(まあそんな人はなかなか居ませんが

作文が苦手でした、という小説家はいるんです。)

 

でもその小説家だって

頭の中にはすごく面白い話が浮かんでいて

単にそれを文章化するのが苦手だというだけかもしれません。

 

だから「苦手」と言って諦めてしまうのは

たしかにもったいない話なのです。

 

ではどのようにすれば

文章を書くのが苦痛じゃなくなるのか、ということについて

お話していこうと思います。

文章を苦痛なく書けるようにするためには

今回もいきなり結論から言ってしまいましょう。

 

本を読みましょう。

本でなくとも、

文章が多くかかれているものを読みましょう。

 

はい。

また懲りずに一般的によく言われていることを

回答としてしまいました。

 

あなた自身もよく聞いてきたことと思います。

 

そしてあなたは

今から本を読むとか、そんな遠回りやってられるか

と思うかもしれません。

 

さらに他のアフィリエイターであれば

「そんなことよりも記事を書きまくれ」

と言うところかもしれません。

 

でも、これ遠回りに見えて結構近道なんですよ。

 

もちろん、記事を書きまくるというのは

とても重要です。

 

書きまくることによって

文章を書くスピードは上がっていき

かつ文章力も磨かれていくことは間違いないでしょう。

 

漫画だって連載が続けば

めちゃくちゃ上達していってるのが

読者目線からでもよくわかりますよね。

 

あれ、結構不思議な感覚ですよね。

 

ずっと違和感なく読み続けているのに

最初の頃のを見直したら全然絵が違ったり。

 

作者は過去に書いたものを見直して

顔を真っ赤にしているのでしょうか。

 

それとも今の自分の成長を喜んでいるのでしょうか。

 

私は、自分の昔の文章を見るたびに

悶絶してます。

 

閑話休題。

話を戻さないといけませんね。

 

まあこんな感じで文章力やスピードが上がることは

間違いないんですよ。

 

でもこれ、私に言わせれば

やっぱり遠回りだと思うんですね。

 

だって本を読まずに文章ばっかり書くってのは

教科書もなしに勉強するのと同じだと思いませんか?

 

つまり、お手本がないんです。

 

お手本にするなら、

他のアフィリエイターの文章を読んだほうがいいのではないか

と思うかもしれませんが

これはある程度基礎ができてからだと思います。

 

でないと、

そのアフィリエイターの文章の良し悪しだって

わからないと思うのです

 

表面上の表現を真似したって、

結局のところ最終的にはつまづいてしまいます。

 

でも文章を書く専門家である小説家の書いているものであれば

ある程度は信用してもいいと思うのです。

本を読めるようになるには

最初から

「文章を勉強するぞ!」とか思いながら読む必要はありません。

 

テーマにしても、別にお固いものを選ぶ必要はないです。

とにかく馴染みやすいものを選ぶようにしてみてください。

 

映画やアニメを見てから

その映画の原作を読むというのもお勧めです。

それについても別に難しい映画などを選ぶ必要はありません。

 

たとえばジブリの

「天空の城ラピュタ」とか「となりのトトロ」とかの小説版でもいいのです。

 

私はとくにトトロは小説版の方が好きでしたよ。

 

映画版では雨がザーザー振ってるだけ、というシーンでも

ものすごく色々な心情が描かれています。

 

また、映画やアニメじゃ時間の都合上語られなかった部分も

すべて描かれていますから

映画やアニメでは得られなかった部分についても楽しめます。

 

文章が多いものと言えば

アドベンチャーゲームをやる、というのもいいと思います。

 

アドベンチャーゲームというのは

ずっとテキストを読んでいくゲームです。

 

音声や音楽、背景などがあるので

文章を読むのが苦手という人であっても

かなりとっつきやすいです。

 

このように、

まずは「文章を読む」ということに慣れることを

重点的に考えるとよいかと思います。

 

ある程度慣れたら

もうあなたの頭の中には文章を書くことに対する苦手意識は

ほぼなくなっています。

 

色々な表現の仕方が頭の中に収まっているため

それを引き出すことが苦痛にならないからです。

 

そしてこの段階に来れば

あなたは文章のすごさというものを実感し

自分から本を読みたくなるはずです。

 

そうなってくると

今度は文章を書くのが楽しくさえなってきます

 

そしてこういう段階まで来てから

他のアフィリエイターやブロガーの記事を見て

「こういうところは小説と違って

もっと話し言葉で書いたほうがいいのか」

というように勉強するのが望ましいと思うのです。

まとめ

文章を書くのが苦痛だという人には

本を読んだりアドベンチャーゲームをやったり

まずは文章に親しむことが重要だというお話でした。

 

とにかく文章を読むのが苦手な自分でさえ

これなら読んでいけそうだ、と思うものを選ぶのが重要です。

 

続かなければ意味がありません。

 

今の時代、電子書籍も沢山売ってますから

スマホで一般的なゲームをするのではなくそういった小説を読む時間を増やす、

アドベンチャーゲームをやるということを推奨したいです。

 

なお、いくら良い文章が早く書けるようになっても

人の心に訴えかけられる書き方ができなければ

アフィリエイターとしては不利な立場になります。

 

そのあたりはやはり小説とは違い

アフィリエイトサイトならではの書き方というものがあります。

 

その勉強にお勧めの教材も紹介していますので

そちらも合わせてご覧頂ければと思います。

Copyrighting Affiliate Program

 

 

こちらの記事で、この記事の補足説明をしました。

よかったらどうぞ。

 


アフィリエイトランキング

⬆この記事を気に入って頂けたら、クリックをお願いしますm(_ _)m。

とても励みになります。

 

トップ(記事一覧)へ戻る