こんにちは。トワイトです。

アフィリエイトサイトは、自己満足でつくったサイトではなく

訪問者ありきのサイトですので

必ずそれを読む人が居ます

 

ですので、そういう人たちの目線を意識すること

重要になってきます。

 

この記事で、いくら専門家が言うことであっても

そこに主観が入る可能性があるため

必ず複数の専門家の言うことを調べて

客観的な立場から判断するように、という話をしました。

ネットビジネスを含めた専門家たちの言うことについて

 

これは専門家に限ったことではありません。

 

あなた自身にも言えることなのです。

 

つまり、あなたが書いた記事には、

どうしてもあなたの主観が入り込むということです。

 

あなた自身が

「伝わりやすく書いた」

と思っている記事であっても

実は訪問者にとってはそうでないこともあるのです。

 

この場合、逆に言ってしまうと

「何を言っているのかわからない記事だ」

と思われるということです。

 

アフィリエイトサイトの製作者であるあなたは

自分のサイトがどう評価されているのかを

把握し、見直す必要があります。

 

これを把握せずに間違った方向へ突き進んでいっても

決して収入には結びつかないからです。

自分のアフィリエイトサイトを見る方法

①しばらく寝かせる

これは基本とも言える方法です。

 

記事を書いた直後に見直すだけでなく

しばらく時間を置いてからもう一度見直すというものです。

 

かなりのベテランであればわかりませんが

記事を書くことに慣れていない人であれば

一つの記事を書き終わった後は

一つのノルマをこなしたということで

清々しい気分であるとともに、一種の興奮状態にあります

なのでその時に見直しても

細かいところを見直すことはできても

全体をしっかりと見直すことというのは難しいのです。

 

ここは一つ、数時間、あるいは一日でもかまいません。

その記事を寝かせておきます。

 

そしてそのあと、見直してみます。

 

こうすることで、

書き終わった直後には気づけなかった点に

気づくことができることがよくあります。

②音読する

声に出して、音としても認識するという方法が

意外と効果があります。

 

視覚だけでなく、

聴覚からも脳に情報を送り込んでくるから

そのような作用があるようです。

 

更にそれを録音して、

完全に外部からの音として聞いてみると

さらに客観的な情報を得られるようになります。

 

自分の声であっても、

他人が読んでいるように聞こえるのです。

③自分以外の人に読んでもらう

これが一番お勧めの方法です。

 

なにせ完全に自分の主観が取り外された状態で

チェックが入るわけですので。

 

学生のとき論文やレポートを作成するときや

会社などで初めて報告書などを作成するときなどでは

同僚や上司に見てもらったと思います。

 

それと同じことです。

 

できれば多くの人に見てもらうほうがいいと思います。

 

具体的な方法としては、

サポートをしてくれる人が居れば、その人に見てもらうのがいいでしょう。

 

ただし、記事を書くたびに見てもらっていたのでは

さすがにサポートをしてくれる人には迷惑なのは言うまでもありません。

 

ですから、この方法はランディングページやセールスレターなど、

そのサイトを左右するくらいの重要なページ

適用すると良いでしょう。

 

また、サイト上に

自分のメールアドレスを公開して、感想を求めるのも有効です。

 

実際の読者からの意見は貴重なものです。
(ですので、私にも感想を送って頂けると嬉しいです。)

まとめ

自分が作成したアフィリエイトサイトを

客観的に見る必要性と、その方法についてはわかっていただけたかと思います。

 

もちろんここに示したのは、あくまで例ですので

他にいい方法があればそれを使ってもかまいません。

 


アフィリエイトランキング

⬆この記事を気に入って頂けたら、クリックをお願いしますm(_ _)m。

とても励みになります。

 

トップ(記事一覧)へ戻る