こんにちは。トワイトです。

 

今回は「偽物だけじゃなく、本物の情報教材にも気をつけろ」ということについて話します。

 

私の経験上、商法教材を売っている人は、大きく以下の3種類に分けられます。

 

①育てることを優先している人

②金儲け優先の人

③両方を兼ねている人

3種類の教材

①育てることを優先している人

①の、育てることを優先している人は、すでに自分は大きく稼いでいるため、

自分と同じレベルの人を探しており、

購入者をそういうレベルまで育て上げることを目的としています。

 

あるいは②と少し矛盾するのかもしれませんが、

育てることを優先することが、ひいては大きく稼げるということを知っている人たちです。

 

サポートなどにも力を入れており、

ブログやメルマガでも教材に関する補足のようなことや、

教材を更に活かす方法などを記載してくれています。

②金儲け優先の人

②の金儲け優先の人は「とりあえず売れればいい」といった人たちです。

 

情報教材の黎明期では、このタイプの人たちが一番多かったのではないでしょうか。

 

一度、ヤフオクで1500円程度で儲ける方法を落札したことがあったのですが、

内容は「私と同じことをすればいい」というものでした。

 

まあ・・・実際私が落札してしまった以上、相手はその分儲けたわけで、

嘘はついていないことになるのですが・・・なんか釈然としませんよね。

 

さすがに今はそこまで酷いのはないと思いたいのですが、

やっぱり全く役に立たないク◯教材というのは多いようです。

 

ただ、ここまであからさまな◯ズ教材ですと、

すぐにネットで叩かれますので回避することは簡単です。

 

今は情報教材をレビューしているサイトはたくさんありますしね。

 

いろんなサイトを見比べることによって、ちゃんと評価することもできるでしょう。

 

クズ教材を売りつけている人が仲間内でレビューサイトをつくって

自分のクズ教材を絶賛する、というようなこともありますので、

必ず色々見回ってしっかり見極めてください。

③両方を兼ねている人

一番気をつけないといけないのが、実は③なのです。

 

②のようにあからさまなクズ教材であれば、上述のように回避可能なのですが

しっかり教育もしてくれるけど、落とし穴も用意してくれている、というのが③なのです。

 

(落とし穴という表現はしていますが、決して詐欺などに分類されるものではありません。

あくまで落ちないように注意してください、と捉えてください。)

 

でもこれ、利用方法を間違えなければ、

つまり教育の部分だけ受け取っておいて、落とし穴だけ回避できれば、

すごく価値ある教材なんです。

 

もちろん①が一番いいんですけど、

自分が欲していることを教えている教材の中に①のタイプがない、

ということも多いんです。

 

あるいは①の中にはあるのだけど、中級者以上でないと理解ができない、

実践ができない、ということもあります。

 

なので自分に合っているものが③の中にありそうだな、

と思う人はこの先も読んでみてください。

 

旨いところだけを食べて、落とし穴を回避する方法を解説します。

落とし穴の正体とは!?

ずばり勧誘です。

 

購入した教材が素晴らしいものであっても、勧誘がほんとにうざいときがあるんです。

 

購入者の特典メルマガなんかでも、とにかく高額塾への入塾を煽ってきたり。

 

「◯◯を購入してくれた貴方だけが手に入れられるチャンスです!!」

「このチャンスを逃すと、次はありません!!!」

「こういうチャンス逃さない人だけが成功できるのです!!!!」

「先着100名のみ!!!!!」

「先行販売!!!!!!今なら10万円引き!!!!!!!」

 

まあこんな感じでどんどん煽り立ててくるんですね。

 

必死です。

 

読んでるだけでうざいです。

 

そして「募集人数が多すぎて入れない人が多かったため、

追加募集をします」なんて言ったり。

 

教材のほうは素晴らしくても、ここでいきなり金儲けモードが発動してるわけです。

 

①の人もさらに別の教材を勧めてくるのですが、

こちらは本当に更なるレベルアップをしてもらいたいといった思いの下に、

真剣に役立つ教材を探し、紹介してくれています。

 

そして①の人は絶対にあんな風に煽り立ててきませんよ。

 

で、こんな風に比較をして書いてみると、

「私はそんなんに引っかからないよ(笑)」「メルマガ解除して終わりだろ」

と思ってしまうのではないでしょうか?

 

ですが、罠は更に張られているんです。

 

例えば無料セミナーを行い、その最後に高額塾への入塾を煽り立てるとか。

 

これまた矛盾するのかもしれませんが、

無料セミナーって結構役立つことを教えてくれるんですよ。

 

そのことが余計にタチが悪い。

 

人が集まってしまうんです。

 

で、その人達は

「こんな良いセミナーを開いてくれる人の塾ならすごくいいものなのでは??」

と思ってしまうんですね。

 

そういう雰囲気にして熱を持たせて、そこに煽りをどんどん入れる。

 

そうすると「入塾しないほうがおかしい」といった空気になっていくんです。

 

「今から後ろのほうで募集を始めます」と言った瞬間、

立ち上がって向かっていく人もいますし、

悩んでいる人もそれにつられて動き出します。

 

この空気の恐ろしさは味わってみないとわからないかと思います。

 

いいですか?

 

冷静になって、絶対にこの空気に流されないでください。

 

塾そのものに価値がないとは決して言いません。

 

しかし、塾に、料金に見合う価値があるのかどうかということになると別問題なんです。

 

塾といえば本当に高額です。

 

最低でも20万円ちかくは支払うことになります。

 

多いときはプレミアムなんちゃら、とかいって40万や50万、

平気で提示してきます。

 

本当に価値がある塾であれば、20万円でも安いと言えます。

 

実際、①のタイプの人もそういった塾を開いている人はいます。

 

しかしやはりここでも、

①の人はここまでして入塾を煽ってきたりはしないんです。

 

そして入塾してきた人たちには、特別なサポートをちゃんと実践できるよう、

あまり人数を増やしすぎないなど、教える環境もしっかり整えてくれています。

 

引き換え、上のように煽って入塾させる人についてはどうでしょうか。

 

「こんな人数、本当に教えられるのか?」と思うくらい大量に集めています。

 

さすがに一人で教えるわけではなく、

その人の弟子達もサポートをするという話になるのですが、

それでも一人あたり何人を担当するんだ?という疑問は残ります。

 

こういったことも、ここで話しているから疑問を生じさせることができるわけで、

現場で熱にあてられた人たちは疑問を持つこと自体

チャンスを逃すことと同義だと焦り、申込みをしてしまいます。

最後に

さて、ここでこの記事を読んだ貴方はもう大丈夫でしょう。

 

こういったセミナーで盛り上がった雰囲気の中でも

冷静になることが大事だということは十分にわかって頂けたと思いますし、

そういった予備知識があれば恐れることはありません

 

教材を購入して③のタイプだと判断したら、きっちり対処してください。

 

冷静な状態で、冷静に熟慮して、

それでも入塾をすべきだと判断したのであれば入塾すると良いかと思います。

 

塾に対して疑問があるのであれば、どんどん質問して解消していってください。

 

そこまで考えての行動であれば、後々後悔することもないかと思います。

 

他にも教材を選ぶ際の注意点を思い出したら、

メルマガで紹介して行きたいと思います。

 

 


トワイトの無料メルマガ講座

トワイトの無料メルマガ講座では

ブログの内容をさらに掘り下げた話を公開していきます。

 

・ネットビジネスを始めたばかりの初心者でも”確実に”稼げるようになるための道筋

・ここを知って置かなければ「危険」だという話

・一旦収入が出始めれば、雪だるま式に稼げるようになる方法

・今の束縛された人生と別れを告げ、自由を手にして人生を変えていく方法

 

その他、ちょっとブログではおおっぴらすぎて語れないような話も

メルマガでなら・・と

ブログ以上に好き勝手に語っています。

*メールアドレス
*お名前(姓・名)

トワイトの無料メルマガ講座を申し込んで頂いた方に

トワイトが作成した「実用型インターネットビジネス用語集」を差し上げます。

初心者の方であれば、この用語集があれば

ネットビジネス関係の話でわからなくなることは

ほぼなくなると思っていただいて問題ありません。

わかっていたつもりでも、

意外とわかってなかった単語も盛り込んでいます。

トワイトの無料メルマガへ登録!

*メールアドレス
*お名前(姓・名)

今回の記事はいかがだったでしょうか?

感想や疑問、相談や苦情などがあれば、

お気軽にお問い合わせください。

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

もしもどうしても送信に失敗してしまうようであれば
お手数ですが
info@selfreformbase.xyz
までお願いします。

 

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村
⇑この記事を気に入ってくれればクリックお願いします。